遅延解消設定など

ゲームの遅延を減らす設定を色々挙げておきます。
どの環境でも確実に効果があるかどうかははっきりと言えませんが、個人的な環境では体感的に効果があると感じます。
環境によっては効果が無いかもしれません。

option.ini を書き換え

※注意
念のためファイルをバックアップしてから実行して下さい


まずは、ゲームのインストールされているフォルダを開く。
通常はこのフォルダになっている。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Nuclear Throne
options.ini というファイルがあるので、これをテキストエディタで開く。
(Windowsなら普通はメモ帳が起動する)

AlternateSyncMethod=1 という部分を、
AlternateSyncMethod=0 と書き換える。
書き換えたテキストを上書き保存する。

この設定について詳しくは分かりませんが、V-SYNC(垂直同期)のようなものかもしれません。
綺麗に表示させるための何らかの処理を行っているとしたら、これを止めることで、
レスポンス上昇・遅延軽減、などに繋がる可能性はありますね。

ほんのちょっとレスポンスが良くなると感じます。

Windows7のエアロ停止

Windows7の透明感を出したりする機能ですが、これによって画面表示の遅延が起きています。
これを一時的に止める方法はいくつかあります。
ワンクリックでエアロをON/OFFできるソフト「AeroSwitch」
AeroSwitch 日本語情報トップページ - OSDN
ソフトの実際の動作は、バッチファイルを使ってコマンドラインで命令を実行しているだけです。
エアロ 動作停止 --- stop.bat
エアロ 動作開始 --- start.bat
この2つのファイルを別に保存してしまえば、ソフトをアンインストールしても問題ありません。
エアロを停止したい時には stop.bat を実行し、エアロを動作させたい時は start.bat を実行します。

これも多少レスポンスが良くなりますね。

私の場合は、OBS Studio というソフトを使ってゲームを録画しています。
この OBS Studio での録画時には、自動的にエアロを停止してくれるので、 AeroSwitch などは使っていません。
有能なソフトですので、プレイを録画したり配信したい場合にはオススメです。
GitHub - jp9000/obs-studio: OBS

Xbox360のゲームパッド

マウスとキーボードで操作している人が多いと思いますが、ゲームパッドでプレイしたい人向けです。

PCにはXbox360のゲームパッドが使えますね。
今までのゲームパッドと、Xbox360のゲームパッドでは入力方式が異なっていて、Xbox360のゲームパッドでは Xinput というものを使っています。
最近のSteamのゲームはほとんどこの入力方式に対応していると思います。
NuclearThroneは、基本的には Xinput 対応のゲームパッドでしか操作できません。

Xinput で接続できるゲームパッドは Xbox360のゲームパッドだけでなく、対応した安価な物もいくつか販売されています。
■ LOGICOOL ゲームパッド F310r
F310 Gamepad - Logicool
Amazon.co.jp: LOGICOOL ゲームパッド F310r: パソコン・周辺機器
F310r は、Xinput での接続と DirectInput の接続の切り替えが出来る優れもの。
私はこれを使っていますが、NuclearThrone で問題なくずっとプレイできていますね。

ドライバを入れないとNuclearThroneではまともに認識しなかったので入れておきましょう。
ソフトウェアのダウンロード:Xbox 360 Controller for Windows (Xbox 360 コントローラー フォー ウ...

オリジナルの Xbox360のゲームパッドと比べると、さすがにあちこち安物感を感じますが、
十字キーの位置が好みなので、こちらのゲームパッドの方が好きなのです。
アナログスティックの操作感などは、Xbox360の方がスムーズで良いですね。
■ Xbox360 オリジナル
Amazon.co.jp: マイクロソフト有線 ゲーム コントローラーXbox 360 Controller for Windows リキッド ブラック 52A-00006: パソコン・周辺機器
私の場合、古いゲームパッドを無理矢理 x360ce というソフトで Xinput入力として認識させて NuclearThroneをプレイしていましたが、新しいゲームパッドを買ったら、随分と遅延が少なくなったと感じました(苦笑)

初めからXinput対応のゲームパッドでプレイすれば良かったと思いました。
古いゲームパッドはあまりにもアナログスティックの精度も悪く、遅延も大きかったようで、
リルさん撃破も7面クリアもままなりませんでしたね^^;

ゲームパッドを LOGICOOL F310r に買い換えてからは、随分と楽に進められるようになりました。
NuclearThroneでは、アナログスティックの精度がかなり重要だったとよく分かりました。

100時間以上使ったら、ゲームパッド内のシリコンがぶち切れていてまともに操作できなくなりましたが、
アロンアルファのような瞬間接着剤で元通りの形に補修したら、また問題なく使えるようになりました。
そこからまた100時間以上使っていますが、まだ耐えてくれています。
壊れてもまたこの安いゲームパッドを使う予定です^^

ゲーム内の設定は、オプション>コントローラー からゲームパッドをONにすれば使えます。
オートエイムの設定も出来ますが、これはずっと0%でプレイすることをオススメします。
私の場合、初めの頃には全然命中が付けられず、オートエイム100%にしてプレイしていましたが、邪魔をすることも多かったです。
慣れれば、アナログスティックでも、かなりの精度で敵を狙えるようになります。

未確認情報

ビデオカードの設定

エアロオフなどの効果の方がはっきりし過ぎていて、個人的には効果がよく分からないです。
多少変わるのかもしれません。
Vista/Win7で起こる3フレーム遅延対策説明 改良版+α 今は無き世界の果て
RADEON使用者向けの遅延設定まとめ 今は無き世界の果て

未確認情報2

■ システム>詳細設定>パフォーマンス>視覚効果
チェックを外す:Aeroプレビューを有効にする

Nuclear Throne 攻略データ集
© 2016-2020 SZR